小さな幸せを集めて


by kimi_22

紅葉の奥日光 旅行(憧れの中禅寺金谷ホテル♪)

こんにちは♪ カエルの夫婦は、紅葉の美しい奥日光へ行ってまいりました。
今回は、憧れのだった中禅寺金谷ホテルの情報が多くなっております。
こんなホテルなのねぇ。。と参考になれば幸いです。

カエルの夫婦は、紅葉が見頃の竜頭ノ滝へやってきました。
龍のヒゲの様に、2本に分かれて落ちる事からこの名前が付いたようです。
a0075661_1621416.jpg
小田代ヶ原からは、低公害バスに乗車して石橘花橋で下車。そこから川沿の下り道を、滝に向かってのんびり散歩するのがお勧めルートです。

ここの龍頭ノ茶屋では、湧き水珈琲(300円)が飲めるようです。
でも、カエルの奥さんは見てしまった!?
どんぶりサイズの珈琲フィルターに、湧き水をザバーっとを滝のごとく。。
(あれでは、フィルターの中は滝壺のようになっているに違いない・・ケロ)
なんてワイルドな珈琲なの。。有る意味、どんな味なのだろう。。

カエルの旦那が、飲みたく無いと言うのでホテルへ向かう事に(チッ!!)

憧れの中禅寺金谷ホテル
中禅寺湖畔のミズナラの木立の中に、ホテルは現れます。
昭和15年に、中禅寺金谷ホテルの前身である「日光観光ホテル」が創業しました。
a0075661_173137.jpg
平成4年に、カナダ産の銘木をふんだんに使って改装したのが、現ホテルです。
諸外国の外交官達にとって、「鱒釣り」ができる中禅寺湖は最適な避暑地。
その為、昔から外国人を多く招き入れた中禅寺湖の自然環境は、西洋の避暑地と似ている部分が多くあるのです。
このホテルは、そんな歴史を感じさせてくれるホテルなのです。

チェックインをして、ロビーの階段を上がると・・。ティーラウンジが・・!
a0075661_1725326.jpg
このティーラウンジでは、珈琲と数種類のお茶を飲むことができます。
宿泊客専用のティーラウンジ(無料)は、何回でもお茶ができるのが嬉しい心配り。
窓辺の椅子に座りながら珈琲を頂きます。(少し、アメリカン珈琲ケロ)
静かな時間を楽しみます。本棚も有り、本を読みながらゆっくりしたい空間です。

光の回廊のような廊下を通ってお部屋へ・・。
a0075661_1745589.jpg
お部屋は、まぁまぁの広さです。清潔感と暖かみの有るお部屋でした。
なにより!!美しいお庭に面したテラスが、各部屋に有る事で満足してしまいます。

ホテルの夕食♪
さぁ、お楽しみの夕食ケロケロ♪
今日は、沢山歩いたのでお腹もペコペコです。(あんまり食べてないし)
メインダイニング「みずなら」で日替わりコースディナーを頂きます。
a0075661_1812942.jpg
ふへ!!コースが2種類。。
◇霜降高原の和牛ステーキのコース
◇日替わりフレンチコース   のどちらかを選択。。(悩むわ〜)
ステーキコースの気分で無いので、フレンチコースを選択しました。
モグモグ、、味は、、そうですねぇ。。普通でした(笑)

というのも、コースにはもう一種類あるのです。そっちはお値段も高め!!
お値段の違いは、使っている素材の違いに有るようです・・・。
つまり、金谷のフレンチの味を求めるなら、高級コースがお薦めという事です。

そしてデザートです。 カエルの旦那が満面の笑みに!?なにゆえ!?
a0075661_18361053.jpg
どうだ〜!!俺はやったぞ〜!(byカエルの旦那)
バースデー仕様のデザートを、スペシャルオーダーしてくれたようです。
わぁ〜、有り難うカエルの旦那さま♪

夕食の後のひととき
楽しい夕食を過ごした後・・・ロビーを通ります。
a0075661_18473923.jpg
ロビーでは、暖炉がパチパチと音を立ててます。
このホテルのロビーの感じは大好き。
むか〜し、外国の田舎で宿泊した、湖畔のホテルを思い出します。
a0075661_18551359.jpg
再びティーラウンジで、ゆっくりとお茶を飲みます。
お茶を片手に、気に入った写真集を読みつつ、、日光の夜はふけていくのです。
(えへ、なんちってね♪ ケロケロ♪)

つづく・・

紅葉の奥日光 旅行(もくじ)へ
[PR]
by kimi_22 | 2006-10-22 19:02 | ♪日光散歩